留学に行っときゃよかった

今年の夏はホットだが、今月はじめからやっている「週末留学」もホットだ(ダジャレだ)。zoomを使って外国の人に繋いでもらい、海外の文化に触れようというプログラムだ。

これが、めちゃくちゃ楽しい。知る楽しさって、こういうことだよな、という感じ。と同時に、「留学に行っときゃよかった」っていう、後悔にも似た気持ちが湧いてくる。

“留学に行っときゃよかった” の続きを読む

スタンダードってどこだ

「BBCグローバルニュース」は世界の各地域から報道される。

先日から、いろんな地域の人が話す英語を聴く機会が増えている。イタリアの人や、ラオスの人や、メキシコ出身で米国に住んでいる人。こんな具合に、いろいろ。

それぞれのひとが話す英語には、クセがある。言い換えれば、その人の母語の影響を受けた、訛りだ。彼らはそんなのをちっとも気にせずに、英語を話しているように見えた。

“スタンダードってどこだ” の続きを読む

イタリア風 ドラエモンヌ どら焼きを添えて

イタリア人の14歳。かわいらしい女の子。堂々と英語を喋る。

先日から参加している、オンラインの「週末留学」。この間はイタリアから、食文化を紹介してもらうクラスを受けた。

「イタリアでは、コーヒーといえば、エスプレッソよッ!」「パスタは色んな種類のものがあるんだわよ!」「いろんなチーズがあるけど、ぜんぶ国産よ!(国産以外あえりえないわッ!)」…という具合に、少女が熱意たっぷりに写真付きで教えてくれた。

このクラス、僕は食文化だけでなく、訛りに興味を持ちながら聞いていた。彼女の母語はもちろんイタリア語なので、話す英語はところどころイタリア語風なんだね。

“イタリア風 ドラエモンヌ どら焼きを添えて” の続きを読む

キレイに話すよりも大事なこと

今月から、「週末留学」という、約1ヶ月の短いプログラムに参加している。「留学」と名前がついているが、Zoomを使って海外に居住している人と繋げてもらい、外国の文化に触れようというのが主旨だ。1コマ1時間半のクラスを15回ほど、という手軽さに惹かれた。

双方向的なコミュニケーションでプログラムは進むので、僕らにも英語を話す機会がある。参加資格は「やる気」ぐらいなので、参加者の英語のレベルだっていろいろだ。ここでちょっとした発見があった。

“キレイに話すよりも大事なこと” の続きを読む

継続することについて⑤【習慣と助走期間】

マラソンや外国語の学習といったものは、「継続すること」が必要になる。苦手な人にとっては、嫌な嫌な「コツコツ」だ。このコツコツを味方につけるには、やるのを習慣にするのがいいんじゃないかなと思っている。

コツコツをずーっとやっている人のことを、凄いことをやっているように見えるかもしれない。けれども、案外「やるのが当たり前」になっちゃっていて、本人は大してしんどいとも思っていなかったりするものだ。つまり習慣になっているのだ。毎朝テレビをつけるみたいに。

“継続することについて⑤【習慣と助走期間】” の続きを読む